2013年4月14日 (日)

元気が一番

この春、周汰は調子がすぐれない時が多くありました。

先月21日私が帰宅すると、周汰は元気がなくもどしていました。

心配になって、クリニックに連れて行き、血液検査。

Rimg0034

(赤↑:数値が異常値 GPT/ALT 141 正常値17~78  

                CPK 326 正常値49~166) 

結果は、肝臓の数値が高いとのことでした。

薬をもらい様子をみることに。

そして3月末、今度は息苦しそうにしています。

「何か誤飲した?」と思わせる様子でした。

留守番時、日頃より薄着でトレーナーを着せていましたが、周汰には寒すぎたことが原因の一つだったようです。

またまた病院へ。

喉が炎症を起こしているとのことでした。

そして4月7日。

2週間前に異常な数値の血液検査の方も、正常値になり、喉も異常なし。

何よりも、周汰が元気であることがその証拠です。

Rimg0034_3

青空の下、八重桜を見ながら帰路に着きました。

Rimg0034_4

病院嫌いの周汰、毎週病院に行き、その夜はどっと疲れていました。

Rimg0034_5


やはり元気が一番ですね。

<と>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

周汰の歯

6日、周汰は歯の治療を無事に終えました。

実は周汰を迎え入れてはじめは歯磨きをしていませんでした。

そのせいもあり、特に奥歯の根元あたりの汚れはひどいものでした。

Rimg0034

(わかりにくいですが、治療前です。汚れが目立ちます)

初夏に、駒沢公園動物病院で歯の診察をしてもらったところ、歯周病がひどいところは歯を抜き、歯石とりもした方が良いと勧められました。

全身麻酔になります。

「麻酔をしなくても歯石とりをしてもらえる」と思っていましたが、周汰の歯はレントゲンを撮ると、見た目より随分悪い状況でした。

悩んだのですが結局お願いして、当日となりました。

夕方お迎えに行くと、元気そうで一安心。

Rimg0034_2

歯の汚れは落ちて真っ白。

Rimg0034_3

そして、下の奥歯2本は歯周病進行を防ぐために抜かれていました。

しばらくは毎日、マウスウオッシャ-、ジェルで歯周病悪化対策のお手入れをしています。

歯肉が落ちることを防ぐため、私も真剣です。

Rimg0034_4

(赤の場所がジェルを塗る場所。特に左下が良くないとか・・・)

歯はとても大切。

周汰、頑張ろうね。

<と>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

立春

4日は立春。

最近は毎朝「この冬、一番の冷え込み」と言われる程、気温の低い日が続いてました。

でもこの日は、最高気温が10度超えて、随分過ごしやすい一日。

この日は周汰のクリニックに行ってきました。

駅に行く途中に、甘い香りの可憐な黄色の花が咲いていました。

Rimg0332_3


(青空の下の蝋梅がきれいでした)

実は二日前に私が帰宅すると、周汰がもどしていました。

そういうこともあり、急遽診察してもらいました。

待ち時間にはゆっくりくつろぎ、遊びました。

Rimg0332_4


1月に引き続き、今回も結果は良好。

「CRPは0」でした。

<と>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

数値は0

7日、周汰の病院に行ってきました。 

昨年12月CRPの値が高かったので、今回もその検査をしました。

(CRPは炎症を表す数値です)

診察室ではお隣の人とおしゃべりをして、考え込むことなく時間が経ちました。

そして、この日の結果はCRPは「0」。

思いがけないことで耳を疑いましたが、今回は標準値です。

この時の周汰の体調は、良好ということになります。

まだ安心はできませんが、少しほっとしました。

少し時間をおいて、又検査をする予定です。

その後会計を済ませ、電車に乗り込む時、私のお腹はペコペコでした。

病院を後にすると、急に食欲が出てきました。

<と>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

湿疹

11月30日、主人が就寝前に周汰の太ももに湿疹を見つけました。

(いつも、異変に気づくのは主人なんですよね・・・)

ブツブツが出来て、ひどい状態です。

特にその場所が痒いと言う訳ではなさそうですが、12月1日の朝には少し広がってました。

夕方湿疹がひいていく様子がないので、クリニックで診てもらいました。

「これはひどいですね。日頃と違う所にお散歩行ったり、何か食べさせてない?」

実は心当たりがあります。

先日ブログでもありましたが「グルメな一日」でアンコウを買いました。

夕食でアンコウ鍋をして、そのスープを周汰のフードにかけてあげました。

美味しいようで大喜びで食べてました。

どうもそのスープが原因と思われます。

その話をしたら、「変な物をあげないように」と注意されました。

「同じ原因でアレルギーを起こすと、2度目の方が程度が一段とひどい」とのこと。

首の付け根に注射を2本打ちました。

痛いでしょうが、周汰は鳴き声もあげることなくおとなしくしてました。

以前ある公園で出来た湿疹は注射ですぐひいたのですが、今回は時間がかかりました。

(この時は年末で、落ち葉又は枝が原因と思われます)

002

(3日撮影。白い斑点のところが湿疹。反対側の右足にはこれ以上の湿疹が残ってました)

飲み薬で少しずつ湿疹がよくなっていきました。

反省。反省。反省。。。

ごめんね、周汰。

一週間、朝夕と2種類の薬を飲んで様子をみてます。

病院に行って4日後の5日には、湿疹もなくなりきれいな状態になり一安心。

002

(起こされることなくゆっくりお休み中)

周汰はアレルギーがあるようです。

そういう私も、花粉や蟹等アレルギーであります。

「グルメはNG」であります。

<と>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

周汰の尻尾

24日、朝から湘南へ出掛けました。

002_3

周汰が大好きな砂浜を散歩して、帰宅する予定でした。

歩き出すと、周汰の尻尾がいつもと違うことに気づきました。

普通はくるんと丸まっているのですが、先の方に違和感があります。

002_2

私は「毛がちょっと乱れているね。トリートメントが必要かも」と言ってました。

すると主人が触り、「これ折れているみたい」というのです。

よく見ると、赤くなっていて痛そうです。

私は怖くて触ることは出来ませんでした。

しかし、周汰はいつも通り砂浜を元気に走り回り、楽しんでいます。

002_4

一方、私達のテンションは下がるばかり。

「いつから?なんで?」

早々に湘南をあとにしました。

その後、ご近所のクリニックで診察してもらいました。

先生は触診後、「やはり、折れているね」とのことでした。

傷病名は「テール先端骨折」です。

内出血しているので、止血剤、抗生物質等の錠剤3種類を一週間分頂き、様子をみることになりました。

少しでもいい状態で回復するように、尻尾にテーピングをしてもらいました。

002_5

先生いわく「骨折しているから痛いと思うけどね・・」とのこと。

元気な周汰に救われています。

002_6

(07年2月撮影・お顔に白い物がほとんどない!若いな~)

トレードマークの一つでもある、このくるんと円を描いたような尻尾。

「尻尾の先まで、しっかり栄養を届けてください」と願うのみです。

食事に、好みのものをトッピングして用意しています。

周汰は日頃と変わらず散歩に行き、尻尾を左右に振って元気にしています。

ゆっくりでいいので良くなれ!

<と>

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

安心薬の処方

梅雨明けしたのに、曇りや雨が多いですね。

2日、朝のお散歩から帰ってきました。

どうも周汰の様子が、おかしい・・・

いつもなら食事などの催促で動き回ったりお座りしているのに、水を飲んだらソファーで休んでいます。

002

そして、右後ろ足を気にして口に入れたり、舐め始めました。

肉球を見ると少し赤くなっています。

こんな時は動物病院でもらった消毒薬で消毒して、様子を見ることにしてます。

しかし、先日消毒薬は使い切ってしまいました。

以前お腹あたりに発疹があり、そのままの状態で私は家を空けたことがありました。

帰宅してビックリ。

かなり発疹が広がっていたのです。

この時は、草アレルギーだったのですが。。。。

結局雨降りの中、クリニックに行くことにしました。

1月に新しくなった保険証持参です。

002_2

今回初めての使用となりました。

先生は周汰の肉球や普通に歩く様子をみて、処置をすることなく診察は終わりました。

今回は消毒薬をもらいに行ったようなもの。

これで、少しのことなら大丈夫。

私の「安心薬=消毒薬」の処方となりました。

帰宅後は、肉球の消毒をしました。

翌日には赤味も消えて一安心でした。

<と>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

脚痛いよ~

21日、いつものように夕方のお散歩。

最初は元気印周汰であったが、様子がおかしい。

左後ろ脚を気にしているようだ。

その脚に何か刺さっているのでは。。。とみたが異常はなし。

そして決定的となったのは、大好きな黒ラブのクリアちゃんが来たのに、私の膝の上にのってきたのだ。

いつもならクリアちゃんを見かけると猛ダッシュで走り、クリアちゃんのお顔や首を周汰が甘噛み。

私が異常なしと思ったその肉球は、右と比べると赤く腫れている。

お友達から指摘されるまでわからなかった鈍い私。

落ち込んでいる暇もなく、急いで抱っこして病院へ。

先生は、「外傷はないようです。人間で言えば突き指か、捻挫したようですが、はっきりわかりません。」

注射をして、3日間痛み止めなどの薬をいただきました。

001_5

その日は少し元気がありません。

その後、散歩行けない分、家では通常よりパワフルでした。

鈍感な私が見た限りでは、腫れもひいている様子。

24日、先生に診てもらいました。

「脚の腫れはひいてます。大丈夫でしょう。ただ薬をやめて痛がる様子などないか注意して下さい。」

まずは一安心。

その後、お散歩でもいつものように走り回ってます。

001_6

(夕食後は眠いな~。気持ちいいんだよね)

周汰はおしゃべりが出来ないから、こちらが気をつけないといけないんですね。

周汰が痛い様子をアピ-ルしてくれたので良かったですが。。

とても反省した出来事でした。

<と>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

エリザベスカラ-再登場

周汰のお腹に湿疹発見。

最初に気づいたのは23日頃だっただろうか。。

気がつくとその湿疹が拡がってしまっていた。

病院に連れて行くと、「草アレルギ-」とのこと。

飲み薬、消毒薬、軟膏をいただいてきた。

そう言えば去年の年末には、2度目に訪れた公園から帰宅したら、お顔に湿疹が出ていた。

001

<エリザベスカラ-をつけてます>

頭が重い、動きにくいと見えて周汰、若干元気がないようである。

早く元気になあれ!!

<と>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

ご心配かけました。

周汰の怪我は順調に回復、ほぼ全快と相成りました。

皆様にはご心配をおかけしました。

Dsc02026

<傷跡も男の勲章か??>

都合2回、病院に駆け込みました。

つい先日、2度目の通院をしたところ、傷口はふさがっているものの、まだ、左右の足を比べると、やはり怪我した方が少し腫れているとのこと。

現在でも抗生物質を飲ませています。

でも、周汰はきっとWELCOMEに違いありません。

薬を飲ませる際、最近では口に出来なくなった大好物のチ-ズに入れて食べさせてますから。。。

<と>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | |