2007年8月 8日 (水)

夏のひと時

8月に入り梅雨明けしたと思うと、夏本番。

この週末は主人も自宅でゆっくり。

日頃の疲れ(?)をとるように、ゆっくりとお昼寝タイム。

もちろんエアコンが入り、周汰もそばでノビノビとお休み。

Dsc022491

ふと目覚めた周汰、太陽降り注ぐベランダに出たい様子。

窓を開けると大好きなウッドデッキでマッタリ。

日よけ、虫除けにを兼ねて、タオルケットをかけてあげました。

Dsc022511

その後、日射病を心配した私は5分で部屋に入れましたよ。

やはり、一緒にお休みすると安心するのか、主人と周汰はぐっすりと休んでました。

<と>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

祝一年、ようこそ周汰

周汰を我が家に迎え入れて、今日で一年。

当時あどけなさが残る幼い顔であったが、今では顔も長くなり、すっかりイタグレの容姿に。

Dsc00307

<初めての里帰りにて。昨年7月>

一年前のこと。

周汰の実家まで車で迎えに行ったのはいいが、つれて帰るのにとにかく苦労した。

用意したケ-ジに入れてトランク部分に乗せたわずか30分後の会話。

「少しくさい??」と言い、車を停め確認すると。。。

「あららら。。。実家からいただいた毛布に戻しているではないの。まだ道のりは長いのに。。」

そういう状態でも周汰はしっかりとその毛布の汚れた部分を隠すような仕草。

「すごい!!この仔しっかりしている。それとも本能的にきれい好き?」

その場でしばらく散歩をして休みをとったが、こちらの心配顔をよそに、その辺りにいた人達にご愛嬌をふりまいていた周汰。

再び車に戻った後は後ろの席で私も横に一緒にいたが、ドラマはまだまだ続く。

動き回る小さなギャングにふりまわされている私。

さらにとどめは‘小水’。一瞬にして目が点に。

Dsc00312

<母親チャチャも大喜びっ。間違いなく喜んでいる瞳。>

でも、今となっては懐かしい思い出です。

最近の‘周汰ブーム’は、暑い中のベランダでの日向ぼっこ。

Dsc01919

<周汰・お気に入りの庭>

『成長したね。。これからも宜しくね。。』

<と>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木)

主演男優賞

妻が4日間の実家帰り。

周汰にとっては初の妻離れ。

この間どうなることかと思ったが、留守中、極端に寂しがることはなかった。

これはある意味想定外だった。

それでも、迎えの羽田空港ではとびっきりの甘えようで、今まで寂しかったことを全身で表現した周汰。

留守中の平静さを知っている私には少しおかしくさえ感じた。

果たして、留守中の冷静沈着な‘稲垣吾郎’が演技なのか?

それとも妻に抱きつく熱い‘チャン・ドンゴン’が演技なのか?

(ちなみに、筆者はチャンドンゴンを知らない。‘熱い俳優’で検索したら出てきました。)

それとも。まさか・・・どちらも演技?妻も私も心配させないようにするための。。。

だったら即ハリウッド行きだ。笑。

<や>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

夢かあ?

犬も夢を見ることを知ったのは、周汰を家に迎えてからのこと。

時々、「ウーッ」とか「キャンッ」とか寝言で奇声を発することがある。

どんな夢を見ているのだろう?

そう、だいたい散歩やドッグランで他のワンちゃんと思いっきりはしゃいだ後に寝言を言うことが多い。

いい夢を見ているのだろうか?

それとも怖い夢でも見ているのだろうか?

と、このブログを書いている最中にも、今度は「ウーーッ」と低い声で唸っている周汰。

Dsc01822

<人の布団に潜り込み、熟睡する周汰。>

唸り声といえば、比較的臆病なワンちゃんが、牙をむき出しにして発することが多いが、周汰の場合はちょっと違う気がする。

通常とは真逆の場合、つまり遊んで欲しい時によく唸っている。

犬の表現方法といっても、千差万別である。

一昔前、犬の気持ちがわかるというトーイがあったが、周汰には、その答えは全く当て嵌まらない気がする。

でもブームになった当時、周汰がいれば、この犬‘親’馬鹿はきっと買っていたに違いない。笑。

<や>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

マジックの誘惑

3カ月前くらいからか?

11ヶ月でそろそろ成犬になろうとしていた頃から、額とほっぺのあたりに急に白髪が目立ってきた周汰。

Dsc01820

<まつ毛の上にも白髪が増えてきた。。>

シールソリッドカラーにつき、これが結構気になる。

そう、土色のほっぺに散らばる白毛は、土を押し上げる霜柱のようにも見える。

最初のうちは「ストレスでもあるのだろうか?」

と自分の行動を振り返ったりしたが、ある時他のイタグレちゃんも同じ部分に白い毛が交じっていることを知り、一安心したものだ。

周汰も大人の仲間入りをしたと喜ばしくさえ思えた。

でもやっぱり気になる。

いっそのことマジックでも塗ってしまおうかという誘惑にかられる。

周汰怒るだろうなあ。

<や>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

怪しい動き

周汰は、布団の上で妙な動きをする。

中途半端なジャンプを繰り返すのだ。

何がお望みなの?とついつい突っ込んでみたくもなったりする。

ふかふか布団にトランポリンにでもなって欲しいのか。。

はたまた、布団の下にお友達が隠れていて早く出てこいとでも言っているのか。。。

謎は深まるばかりである。

<や>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

桜満開で全開?

最近、周汰の動きが活発になってきた。

3月上旬「啓蟄」、土の中の虫が暖かさに誘われ土からはいあがる時期らしいが、この時期、周汰がアウトドアに目覚めることはなかった。

そう、朝の散歩に誘ってもほとんどふられていたのだ。

そして4月上旬「清明」、桜が満開になってようやく春の訪れに気付いたのか、昔よくやってた散歩コールが朝から見られるようになった。

Dsc01452

<3月31日撮影、散歩コースの公園にて>

玄関マットにお座りするのだ。

Dsc01615

<散歩に連れてってコール、玄関にて>

寒さに弱いせいで早朝散歩からは5カ月遠ざかっている。

寒さにここまで弱いのは想定外だったが、しばらく会えなかったお友達と再開するのはこちらとしても楽しみだ。

<や>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

ポカポカ春のひととき

桜の花が散り、ピンクのじゅうたんが楽しめる時期。

春の日差しは暖かで、室内より屋外のほうがポカポカと気持ちよい。

それを周汰はわかっているのだろう。

今日は窓際でうとうとお昼寝。

Dsc01576

Dsc01575

最近は太陽の下、ベランダで過ごすことがお気に入りの様子。

なんと気持ち良さそうにリラックスしているんでしょう。

食べること、お散歩することの「動」の楽しみと同じ至福のとき。

この時期は蚊やアリなどの虫がまだ活動してないこともあり、ベストシ-ズン。

見ている私まで和やかな気持ちにさせてもらいました。

<と>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

ひと安心

夕食の片づけをしていて、ふと気づくと周汰がいない。。。

いつもはソファ-の座布団の上かケージ内のベッドで休んでいるが。。見当たらない。。。

今まで家の中で真剣に周汰を探したことがある。3回ほど。

1回目はお庭に用のあった私が、周汰が庭に出たのに気づかずに、そのまま窓を閉めてしまった時。

それは、運悪く冬の夜だった。

可哀想に周汰は寒さにブルブル。ごめんなさい。。

そして2回目は北側の部屋に閉じ込めてしまった時。

このときもそんなこととは思わなかったので、探しましたよ。。

LASTは洗面所。

ドアを閉めてしまった向こう側で鳴き声がし、無事発見!

周汰がチョロチョロ動き回るからこの有様。。(いえ私の注意力散漫か?)

果たして、今回はどこに??

そういえば干した布団をそのまま敷いていたら、夕方気持ちよさそうに寝ていたことを思い出したっ。

Dsc01431

<周汰の色。みどレンジャー!目の色もコーディネート。>

直感は当たったようで、やれやれ一安心。

布団の上がとってもふかふかなことは、周汰にもわかっているようだ。

気持ちよさそうに布団を独り占めしている周汰であった。

時々寝言をいいながら。。

<と>

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

ぐうたら

先日東京で桜の開花宣言が出た。

全国で最も早いというから驚きだ。

高層ビル群のコンクリートで囲まれた首都東京。

その影響もあるのだろう、素直には喜べないが・・・。

さてネガティブな話はそのくらいにして、開花宣言後もまだまだ肌寒い日が続いている。

Dsc01427
<川崎市立井田公園にて。ようやく一輪の開花を発見!21日撮影>

そんな中、すっかり朝が弱くなった周汰。

最近では7時くらいになってもまだ毛布にくるまって出てこようとしない。

以前だと私が起きると同時(6時くらい)に朝のトイレを終え、散歩の催促が始まっていたのに。

周汰の体型は見習いたいが、朝のグウタラさは何ともいただけない!

と周汰の寝顔を見て思っていたらいつの間にか私も寝てしまったようだった。

気付いたら時計の針はかる~く9時を回っていた。笑。

<や>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | |